[ホームページに戻る] 旧過去ログ 1 旧過去ログ 2 旧過去ログ 3 旧過去ログ 4

アントニ・ガウディ ゲストブック

[掲示板トップ][ 新規投稿 ][ 過去ログ ][ 掲示板の詳細 ]

ガウディというけれど(6) / ガウディ(1) / サグラダファミリアについて(1) / いい本見つけました。(5) / ガウディに興味がある方へ(1) / こんばんわ(5) / はじめまして(5) / 少しおそいけど・・・(1) / 3冊購入♪(1) / あこがれのガウディ(8) / 今日から(4) / 絶対に行く!(4) / サクラダファミリアについて(2) / スペイン(1) / はじめまして(1) / はじめまして!(2) / こんにちわ。(1) / はじめまして(1) / I´m in Barcelona.(1) / ひさしぶりにきました。(1) / 4年前に(1) / ゲストブックをリニューアル(2) /

[48] ガウディというけれど
投稿者:平塚健さん     
11月1日より8日まで結婚35周年でスペインへ行ってきました。
サグラダ、グエン邸・・・・ガウディ賞賛の声ばかりです、
個人的な意見ですが建築屋泣かせで、工期も守れず、金額も決
まらない様な建築物設計屋として失格、グエル公園も元は分譲地と
して開発するも売れたのは2区画のみその内1区画はガウディ自身
が仕方なく買って家を建て住んでいたそうだ、74歳で路面電車に
ひかれて無くなったそうだが、私は飛び込んだと思っている。
日本の中の設計士の方が工期、金額、を守り、創造性にとんだ
設計をする方沢山いると思う・・・・個人的意見
2006/11/10(Fri) 09:57:12 [ 返信 ]

3-[53] Re: Re: Re: ガウディというけれど
投稿者:蛙男さん    
moharaizaさんへの返信:お手を煩わせてしまい申し訳ありません。
           正直、感情に任せてあんな反論じみた投稿をしてしまい、恥ずかしくて、
           少々後悔していたのですが、それを機会に田中さんの貴重なお話を聴く
           ことができて、大変感謝しております。
           ありがとうございました。  

           田中さんは、今もバルセロナで実測をされているのですか。
           「ガウディ建築実測図面集」今も持っています。

           ガウディっどんな人だったのでしょう。
           理論的なことは嫌いだったでしょうね。本書いたりしてないし、見るからに
           口下手って感じしますもん。
           ワーグナーに心酔してたっていうことは、楽劇が好きだったんでしょうか。
           女性に振られてばかりで、シャイで、カタルーニャに固執する頑固者で、
           いかにも酒が好きって感じが写真などから感じられますね。
           お友達にはなれそうに無いタイプだけど、一度でいいから、生の話を訊いて
           みたかったなと思います。
2006/11/16(Thu) 00:44:34 [ 返信 ]

4-[60] 田中氏の近況
投稿者:moharizaさん    
蛙男さんへの返信:

>田中さんは、今もバルセロナで実測をされているのですか。
「ガウディ建築実測図面集」今も持っています。

田中氏の近況を知りたければ、下記のホームページから、liksし、
「田中裕也のバルセロナ日記」他に行けます。

http://www.gaudiclub.org/

ほぼ毎日、日記を更新し、
また、ガウディ研究の成果・疑問を投稿しています。
2006/11/18(Sat) 02:19:40 [ 返信 ]

5-[61] Re: 田中氏の近況
投稿者:蛙男さん    
moharizaさんへの返信:
   ありがとうございます。早速拝見させていただきました。
   今まで知らなかったのが恥ずかしいです。
   もっと勉強します。
2006/11/18(Sat) 14:08:00 [ 返信 ]

全部で5件の子記事のうち、最新3件が表示されています。
[全ての記事を表示]


[50] ガウディ
投稿者:ずきんさん    
ガウディ 彼は素敵 世の中みんな違う人間で、違
1970/1/1(Thu) 09:00:00 [ 返信 ]



[47] サグラダファミリアについて
投稿者:ななみさん    
今年の二月に、たったの一週間ですがスペインに行ってきました

現地の案内人によればサグラダファミリアは、後25年で完成する

そうです。但し、作り方自体はガウディの建築様式通りには

作られていないみたいです。誰かに買収されたとかで・・・。

見かけはちゃんとガウディの考えていた通りになるみたいですけど

出来上がった際には、4色にペイントされるそうです。その色は、

黄色、青、赤、紫。その色の意味は、よく覚えていないんですけど、

その時代の芸術の流行だったとか。ともかく、ヨーロッパにおける

文明開化的時代の芸術を象徴する色だとか。何時代だか忘れちゃいましたが

ガウディの生きていた時代について知ると、よりガウディを知ることが

できると思います。それでは、さようなら☆
2006/8/25(Fri) 00:01:29 [ 返信 ]



[42] いい本見つけました。
投稿者:蛙男さん    
いい本見つけました。
ザグラダファミリアの専任彫刻家で有名な、外尾悦郎さん著作の
「ガウディの伝言」光文社新書です。
実際にザグラダファミリアで働く人だけが感じるガウディが目指
したもの、ガウディが伝えたかったものが、会話形式の文書で書
かれていてとても読みやすく、今日仕事中に本屋で見て、即購入
し、午後現場に行くことにして、(つまりさぼって・・・)コン
ビニの駐車場で車のシートを倒して、317ページ一気に読破しまし
た。
肩肘はらずに気軽によめますよ。
ちなみに、行き掛かり上出版社の名前出しちゃいましたが、私は、
光文社関係者ではありません。
2006/7/24(Mon) 21:20:24 [ 返信 ]

2-[44] Re: Re: いい本見つけました。
投稿者:蛙男さん    
はなさんへの返信:おかえりなさい。
         早速のご報告ありがとうございました。
         ヨーロッパは猛暑らしいですね。
         あ〜見にいきてぇ〜。バルセロナ行きてぇ〜。
         目に浮かぶようです。(見たこと無いけど・・・。)
         そういえば、レイアール広場の街灯を、高校時代
         本でみて、卒業設計の外回りにイメージを拝借したら
         思いっきり浮いてしまったことを思い出しました。
         日本には合わないデザインですもんね。すばらしいのに
         残念です。

         やっぱり行くとしたらアパートみたいの借りて
         腰落ち着けてじっくり見るべきですよね。
         ガウディ貯金のペースを上げて来年行きます。
         結婚20周年だし。(関係ないか、かみさん興味なさ
         そうだもんな。)

         本絶版ですか。残念!ネットで探すしかないのかな、
         さっき見たら、ユーズドで9,000円はどうなんでしょ。
2006/8/1(Tue) 21:54:07 [ 返信 ]

3-[45] 本
投稿者:はなさん    
蛙男さんへの返信:

ユーズドで9,000円。
買っちゃいました・・・
そして今日手元に届きました。
¥高かったですけど、内容はすごく良いですし、本の状態もかなり
良かったのでホッとしました。
2006/8/3(Thu) 01:44:34 [ 返信 ]

4-[46] Re: 本
投稿者:蛙男さん    
はなさんへの返信:

  そうですよね。
  好きなら金額関係ないっスね。
  要は内容です。
2006/8/3(Thu) 20:50:24 [ 返信 ]

全部で4件の子記事のうち、最新3件が表示されています。
[全ての記事を表示]


[41] ガウディに興味がある方へ
投稿者:有座雅彦さん    
ガウディについて興味がある方へ

ガウディについて興味があるならば、現在日本で一番、ガウディの建築を研究しているのは、
神奈川大学経営学部教授の鳥居 徳敏氏です。

日本のガウディの会を通じても、ガウディを知ることは可能と思います。
但し、現在、どうしても、日本の代表者とのメールが通じていませんが、
ホームページはありますので、開いてみることは可能です。
バルセロナ在住のガウディ友の会 会長 田中 裕也氏
(長らく、ガウディの建物の実測をやられている方)
<Eーmail:tanahiroyag@yahoo.co.jp>を通じても可能かと思います。

私も一応分かっているつもりですが、建築設計の仕事が忙しく、
現在、詳しくお教える暇はありません。

松倉保先生(3年前に、亡くなられてしまいましたが、物理学者
(元芸術工科大学教授・前神戸大学教授))の本も、建築家以外の目で見た
ガウディを知る切っ掛けとなると思います。

なお、私、現在、仕事の合間を縫って、松倉保先生のガウディ等の資料を保存すべく、
スペイン大使館、日西関係者、自邸のある大阪の豊中市、
ガウディに理解があると思われる兵庫県伊丹市等に働きかけて、
(仮称)<ガウディ&松倉資料館>を創設することに力を注いでいます。

また、逆吊り実験の写真を基に、松倉先生と私が世界で初めてほぼ再現した
コロニアル・グエル教会は、サクラダ・ファミリア教会の原型で、
地下聖堂しか出来ていない、永遠に実現不可能な建物です。

私がバルセロナにいて、資金力があり、キリスト教会を本当に理解し、
命が長ければ、出来るかもしれませんが、
サクラダ・ファミリア教会よりも建設が難しい、但し、ガウディの最高傑作です。
サクラダ・ファミリア教会は、量産体制のパターン化した工法でも建設可能ですが、
コロニアル・グエル教会は、ガウディが生きて、現地指導しながらやらなければ不可能で、
現在生きている人間がやろうとしても、ガウディと同じくらいの総合芸術家でなければ、
建設不可能な建物です。興味があれば、調べてください。
本格的な資料は、私の所と故松倉自邸にしか無いと思いますが・・。

私が考えたコロニアル・グエル教会の再現図(ガウディの絵にも無い違う角度から見た全体図)
(私の友人関係者、<ガウディ&松倉資料館>の創設への関係者しか見てない、)は、PDFで残しています。
<ガウディ&松倉資料館>の創設に、ご協力して頂ければ、
メール(PDF)にてお送り差し上げます。
 
有座 雅彦
2006/6/19(Mon) 02:18:32 [ 返信 ]



[34] こんばんわ
投稿者:あおいさん    
私は今高校二年生です。
県下唯一の美術科に入り、ただ何か作ることが好きという理由で
入ったので彫刻にしか興味がありませんでした。
でも有名な建築家を知っているかと言ったらそんなこと全然なくて
自分は何を目標に、何を夢に、何に向かっていけばいいのか
分かりませんでした。そんな時、彫刻の先生が見せてくれた
ガウディの写真集。本当に感動して何か目指したいものが
見えてきた気がしました。ガウディの何を見てもどれも
本当に素敵で胸を打たれるものばかりでこんな建築をしてみたい
と思いました。そこで。今、あと1年ちょっとで大学に
入らなければなりません。という事は入る大学を決めないと
いけないんです。それで今すごく迷っていて、どこの大学がいいとか
いう情報が全然なくて困っています。
少しでもガウディのような建築物を学べる大学はないでしょうか?
もし知っていたら教えてもらいませんか?
2006/6/7(Wed) 21:46:54 [ 返信 ]

2-[36] Re: こんばんわ
投稿者:かりんさん    
あおいさんへの返信:

私は京都の芸大に通っていますが、京都の中でも建築学科では、『京都造形大学』が
一番良いと有名です。
あくまで「京都の芸大の中では」ですが。

あと、自分の感性にどこまでも自由な学科は個人的には版画科だと思いました。

でも、いくら見た目やセンスが良くても、実際に魅力的な作品が出来るのは、
その人の揺ぎ無い思考や思想がその作品に表現されているからだと思います。

大学はその感性を磨くためにいろんな事を学ぶ場所であると実感しました。

きっと私は建築学科ではありませんが、講義で建築の分野にも少し触れましたが、
やっぱりガウディについては何も聞く事はありませんでした。
でも、基礎を学んでの建築なので、そこにあおいさんの思想が入れば
ガウディのように あおいさんの建築スタイルが完成するでしょうね。

立体学科や洋画(メディアアート)なども調べてみると面白いと思いますよ。

受験、がんばって下さい。
2006/6/8(Thu) 06:43:38 [ 返信 ]

3-[37] Re: こんばんわ
投稿者:かりんさん    
あおいさんへの返信:

私は京都の芸大に通っていますが、京都の中でも建築学科では、『京都造形芸術大学』が
一番良いと有名です。
あくまで「京都の芸大の中では」ですが。

あと、自分の感性にどこまでも自由な学科は個人的には版画科だと思いました。

でも、いくら見た目やセンスが良くても、実際に魅力的な作品が出来るのは、
その人の揺ぎ無い思考や思想がその作品に表現されているからだと思います。

大学はその感性を磨くためにいろんな事を学ぶ場所であると実感しました。

私は建築学科ではありませんが、講義で建築の分野にも少し触れましたが、
やっぱりガウディについては何も聞く事はありませんでした。
でも、基礎を学んでの建築なので、そこにあおいさんの思想が入れば
ガウディのように あおいさんの建築スタイルが完成するでしょうね。

立体学科や洋画(メディアアート)なども調べてみると面白いと思いますよ。

受験、がんばって下さい。
2006/6/8(Thu) 07:07:23 [ 返信 ]

4-[40] Re: Re: こんばんわ
投稿者:有座雅彦さん    
蛙男さんへ:

設計事務所に勤めている52歳の者です。
ガウディは、大学(九州芸術工科大学 環境設計学科:現九州大学)で卒論のテーマとしました。
物理学の故松倉保教授の元で、コロニアル・グエル教会の逆吊り実験の地上部の再現模型の手伝いをし、
世界で初めて、ほぼ完璧に再現したと思っています。
発想は松倉先生ですが、実際は、私が逆吊り実験の写真を解析し、
逆吊りの再現模型は、ほとんど私が作りました。
その後のフライ・オットー等の再現は、私が再現したものが、基礎になっています。
(論文の形では、最終的にまとめていませんが・・・。資料は、いまだ、私の手元にあります。)
忙しい仕事の合間に、少しずつは、やり残したものをまとめています。

私の友人等以外は見ていない(ガウディの残された逆吊りの写真及び絵にも無い)外観の再現の
絵は、PDFの形でとってあります。(興味があれば、メールでお送り致します。)

今、(仮称)<ガウディ&松倉資料館>創設に向け、スペイン大使館、日西関係者、
故松倉先生の自宅がある豊中市、ガウディに理解があると思われる隣市の伊丹市に、
創設の呼びかけを行っている所です。

ところで、ガウディのような建築物を直接学べる日本の大学は、はっきり言って無いと思います。
大学の建築学部では、建築の基礎しか教えず、ガウディは異端でしかありません。

ガウディの建築は、建築(過去の建築様式を含む)だけでなく、自然の法則、芸術(色・形)、
(植物・山等の自然を含む)構造を総合したもの(建物による総合芸術)であり、
(自然)ものを見切る感性を磨かなければ到達出来ません。
また、実際に彫刻等、やれる技術も必要です。
レオナルド・ダ・ヴィンチ、チャップリンのような総合芸術家にならなければ、ガウディにはなれません。

あえて上げれば、芸術と工学の総合をいまだ模索している(私が学んだ)
(現)国立 九州大学 芸術工学府 (建築を目指すのなら)環境設計学科、
(但し、授業で芸術情報部門で芸術を学ばなければ、意味はありません。)
芸術を目指すのなら、ガウディの理解者である、芸術情報部門の
(現代彫刻家)石井幸二教授の下で、学ぶのも良いと思います。
(連絡先 E−mail: ishikawa@design.kyushu-u.ac.jp)

他、松倉先生はもういませんが、私立 神戸芸術工科大学の「ビジュアルデザイン学科」で
特別名誉教授 杉浦康平氏の講義を受ける事も、為になるかもしれません。

日本で現在一番、ガウディの建築を研究しているのは、神奈川大学経営学部教授の
鳥居 徳敏氏です 。鳥居教授の下では、ガウディの建築を学べるかもしれません。

早稲田大学理工学部 石山修武教授も、ガウディの理解者であり、異色の現職の建築家です。

ガウディを世界で一番学べるのは、スペインのバルセロナ大学ですが、
ガウディの最後の弟子である バセコダ教授は、退官されたと聞き、
ガウディ研究室も縮小しつつあると、バルセロナのガウディ研究家 田中裕也氏からお聞きしています。

ガウディ及び彫刻が本当に好きであるのならば、大学を目指さず、
バルセロナでサクラダ・ファミリア教会の彫刻を作製している外雄悦郎氏に
弟子入りすることが、直接、ガウディに触れる道とは思いますが、

結局は、どこの大学でも良く(但し、どういう先生がいるかだけは、調べた方が良いと思われます。
私のように、大学であった3人の先生によって、人生が変わる事もあります。)、
大学で色々勉強、体験し、自分の感性を磨く事が一番良いと思います。
2006/6/18(Sun) 19:32:48 [ 返信 ]

全部で4件の子記事のうち、最新3件が表示されています。
[全ての記事を表示]


[30] はじめまして
投稿者:YUNAさん    
偶然見かけたガウディの建築に衝撃を受けました。
ガウディは知ってましたが、サグラダファミリア他
有名な建築しか知りませんでした。
初めてじっくり見たガウディの建築

目が離せませんでした。

こんなにすばらしい世界に出会えて、本当に幸せを感じました。
これから少しずつ、ガウディについて勉強していこうと思います。
いつかぜひこの目で見たいと思います。
もしおススメの作品についての本などありましたら、
ぜひお教えいただければと思います。

すてきなHPありがとうございます。
2006/5/11(Thu) 02:54:15 [ 返信 ]

2-[32] Re: Re: はじめまして
投稿者:YUNAさん    
蛙男さんへの返信:

ものすごく興味深いですね、無機質なものに囲まれてるから…
確かにそんな気もします。
色使い、光の具合、曲線…すべて本能的に惹かれる感じです。
どうやら私の生きているうちにはサグラダ・ファミリアもできそうなので、
いつか見に行きたいと思っています。

本の紹介ありがとうございます。
本屋で写真集のようなものを探してみたんですが、
…高いんですね、やっぱり。
それでも近々買ってしまいそうです。
紹介していただいた本も探してみますね。
ありがとうございました^^
2006/5/13(Sat) 02:58:02 [ 返信 ]

3-[38] 探していた本です
投稿者:はなさん    
蛙男さんへの返信:

何年か前開催したガウディ展でお金が無くて買い損ねた本が
ありました。ずっと探してたんです。
とは言ってもタイトルも曖昧、出版社も分からなかったのですが
蛙男さんが紹介してくださった
「アントニガウディの自然.技術.芸術」
で間違いないと思います。
ありがとうございます!今度はすぐ買います!!

建築にも美術にも関わりの無い私ですがガウディの作品は大好きで
ずっとスペインに行きたいと思っていました。
でもなかなか機会が無くて・・・
そんな私に突然チャンスが〜
スペイン語を話せる友人が三ヶ月間バルセロナに滞在すると言う
のです。これはもう便乗して私も行くしかないでしょ!
と、一週間と短いですが来月行くことにしました。
思う存分ガウディの作品を見て来ますね。

スペイン行きを決めてからこのHPを知りましたが素敵ですねぇ
あと、サグラダファミリアに完成目処がたっているんですか?
知りませんでした。
うれしい!完成が見れるんですね〜〜
2006/6/13(Tue) 18:47:22 [ 返信 ]

4-[39] いってらっしゃい
投稿者:蛙男さん    
はなさんへの返信:お役に立てたみたいでよかったです。スペイン行くんですか
         いいなあ〜。羨ましいよ〜。私の分も楽しんできてください。
         帰ったら感想を是非聞かせてください。お気をつけて・・・。
2006/6/13(Tue) 21:11:06 [ 返信 ]

全部で4件の子記事のうち、最新3件が表示されています。
[全ての記事を表示]


[33] 少しおそいけど・・・
投稿者:真紀さん    
建築物を通して人、生活、
色々な世界が見える事に気が付いてませんでした。
歴史、世界史、勉強として学ばなければいけない事に
拒否反応でしたが今は少し違うかな・・・。
2006/6/1(Thu) 19:22:05 [ 返信 ]



[29] 3冊購入♪
投稿者:真紀さん    
紹介して頂いた本とカラ−写真の分購入しました。
お気に入りのパン屋さんで大好きなバケットとコ−ヒーを
買って本を読む・・。やりたかったけど私には出来なかった。
簡単なことだけど・・・。出来て嬉しい☆
2006/5/10(Wed) 22:24:40 [ 返信 ]



[12] あこがれのガウディ
投稿者:蛙男さん    
遡ること25年前、何となく入った高校の建築科2年生の夏休み、
本屋でガウディ作品の写真集をたまたま立ち読みして、衝撃を受け
建築を一生の仕事にしようと心に決めました。そういえば、某ウヰ
スキーメーカーのコマーシャルで、ガウディの名前が世間に知れた
のもその頃だったと思います。ああ〜会社1ヶ月くらい休んでバルセ
ロナ行きたいなー。死ぬまでに一度でいいから・・・・。
2006/4/14(Fri) 23:04:42 [ 返信 ]

5-[17] Re: Re: Re: Re: Re: あこがれのガウディ
投稿者:vidaさん    
蛙男さんへの返信:

東京ですか・・・遠いですー¥−
九州(できれば福岡県)にガウディの建物をモチーフとした場所は
ありませんか…?九州エリアなら訪れることができるのですが…
2006/5/1(Mon) 10:51:16 [ 返信 ]

6-[19] Re: Re: Re: Re: Re: Re: あこがれのガウディ
投稿者:蛙男さん    
vidaさんへの返信:長崎県に建築家今井兼次作の「日本26聖人殉教記念館」
         という建物があります。この人は日本のガウディと称さ
         れる人で、サグラダファミリア内に博物館があるそうで
         すが、そのなかで日本人で唯一功績を称えられている、
         日本に初めてガウディを紹介した建築家です。
         外観はガウディの尖塔をモチーフにした2本の塔や、有田
         焼の皿を割って壁に施しているなど随所にガウディ色が
         感じられます。高校時代に学校の友達と見に行ったのを
         思い出しました。
2006/5/3(Wed) 19:22:53 [ 返信 ]

7-[28] Re: Re: Re: Re: Re: Re: Re: あこがれのガウディ
投稿者:vidaさん    
蛙男さんへの返信
返事が遅くなってごめんなさい。
有田の陶器市に行っていました。
今日が休み明けの大学一日目です。
情報ありがとうございます。
機会を見て訪れようと思います。
有田焼の破片ですか・・・
ゴールデンウィーク中にガウディと少し
つながってたみたいで嬉しいです。
2006/5/8(Mon) 13:10:16 [ 返信 ]

全部で7件の子記事のうち、最新3件が表示されています。
[全ての記事を表示]


Page No.[1][2][3]


記事編集/削除
記事番号  編集キー  


- Icon BBS 2.31 -
http://aki.adam.ne.jp