[ホームページに戻る] 旧過去ログ 1 旧過去ログ 2 旧過去ログ 3 旧過去ログ 4

アントニ・ガウディ ゲストブック

[掲示板トップ][ 新規投稿 ][ 過去ログ ][ 掲示板の詳細 ]

親記事[41]への返信

[41] ガウディに興味がある方へ
投稿者:有座雅彦さん    
ガウディについて興味がある方へ

ガウディについて興味があるならば、現在日本で一番、ガウディの建築を研究しているのは、
神奈川大学経営学部教授の鳥居 徳敏氏です。

日本のガウディの会を通じても、ガウディを知ることは可能と思います。
但し、現在、どうしても、日本の代表者とのメールが通じていませんが、
ホームページはありますので、開いてみることは可能です。
バルセロナ在住のガウディ友の会 会長 田中 裕也氏
(長らく、ガウディの建物の実測をやられている方)
<Eーmail:tanahiroyag@yahoo.co.jp>を通じても可能かと思います。

私も一応分かっているつもりですが、建築設計の仕事が忙しく、
現在、詳しくお教える暇はありません。

松倉保先生(3年前に、亡くなられてしまいましたが、物理学者
(元芸術工科大学教授・前神戸大学教授))の本も、建築家以外の目で見た
ガウディを知る切っ掛けとなると思います。

なお、私、現在、仕事の合間を縫って、松倉保先生のガウディ等の資料を保存すべく、
スペイン大使館、日西関係者、自邸のある大阪の豊中市、
ガウディに理解があると思われる兵庫県伊丹市等に働きかけて、
(仮称)<ガウディ&松倉資料館>を創設することに力を注いでいます。

また、逆吊り実験の写真を基に、松倉先生と私が世界で初めてほぼ再現した
コロニアル・グエル教会は、サクラダ・ファミリア教会の原型で、
地下聖堂しか出来ていない、永遠に実現不可能な建物です。

私がバルセロナにいて、資金力があり、キリスト教会を本当に理解し、
命が長ければ、出来るかもしれませんが、
サクラダ・ファミリア教会よりも建設が難しい、但し、ガウディの最高傑作です。
サクラダ・ファミリア教会は、量産体制のパターン化した工法でも建設可能ですが、
コロニアル・グエル教会は、ガウディが生きて、現地指導しながらやらなければ不可能で、
現在生きている人間がやろうとしても、ガウディと同じくらいの総合芸術家でなければ、
建設不可能な建物です。興味があれば、調べてください。
本格的な資料は、私の所と故松倉自邸にしか無いと思いますが・・。

私が考えたコロニアル・グエル教会の再現図(ガウディの絵にも無い違う角度から見た全体図)
(私の友人関係者、<ガウディ&松倉資料館>の創設への関係者しか見てない、)は、PDFで残しています。
<ガウディ&松倉資料館>の創設に、ご協力して頂ければ、
メール(PDF)にてお送り差し上げます。
 
有座 雅彦
2006/6/19(Mon) 02:18:32 [ 返信 ]


投稿者名
URL
E-MAIL
タイトル
投稿内容
投稿内容は自動改行されませんので、適当に改行を入れてください。
文字の色
編集用パスワード



- Icon BBS 2.31 -
http://aki.adam.ne.jp